List



  • 著書
    1. " 物理学実験 [第1版 第3刷] (神奈川大学工学部物理学教室 編) ", 2016年, 学術図書出版社. ISBN 978-4-7806-0499-3
    2. " 物理学実験 [第1版 第1刷] (神奈川大学工学部物理学教室 編) ", 2014年, 学術図書出版社. ISBN 978-4-7806-0358-3

  • 学術論文(査読付)
    1. Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, and Jun-ichi Yamada, " Enhancement of electron correlation due to the molecular dimerization in organic superconductors β-(BDA-TTP)2X (X=I3, SbF6) ", Physical Review B, Vol. 92, No. 15, pp. 155108, 2015. DOI:10.1103/PhysRevB.92.155108 (arXiv:1506.02114)
    2. Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, Harukazu Yoshino, George A. Mousdis, George C. Papavassiliou, and Keizo Murata, " Molecular Dependence of the Large Seebeck Effect in τ-Type Organic Conductors ", Journal of the Physical Society of Japan, Vol. 83, No. 10, pp. 104705, 2014. DOI:10.7566/JPSJ.83.104705 (arXiv:1408.2722)
    3. Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, Syuma Yasuzuka, and Jun-ichi Yamada, " Model construction and superconductivity analysis of organic conductors β-(BDA-TTP)2MF6 (M=P, As, Sb, Ta) based on first principles band calculation ", New Journal of Physics, Vol. 14, No. 11, pp. 113045, 2012. DOI:10.1088/1367-2630/14/11/113045 (arXiv:1205.0396)
    4. Syuma Yasuzuka, Hiroaki Koga, Yasuhisa Yamamura, Kazuya Saito, Shinya Uji, Taichi Terashima, Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, Masahisa Tsuchiizu, Hiroaki Akutsu, and Jun-ichi Yamada, " Small Fermi Pocket in the Layered Organic Superconductor β-(BDA-TTP)2SbF6 ", Journal of the Physical Society of Japan, Vol. 81, No. 3, pp. 035006, 2012. DOI:10.1143/JPSJ.81.035006
    5. Keisuke Shigeta, Yukio Tanaka, Kazuhiko Kuroki, Seiichiro Onari, and Hirohito Aizawa, " Competition of pairing symmetries and a mechanism for Berezinskii pairing in quasi-one-dimensional systems ", Physical Review B, Vol. 83, No. 14, pp. 140509(R), 2011. DOI:10.1103/PhysRevB.83.140509 (arXiv:1005.4755)
    6. Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, and Yukio Tanaka, " Pairing competition in a quasi-one-dimensional model of organic superconductors (TMTSF)2X in magnetic field ", Journal of the Physical Society of Japan, Vol. 78, No. 12, pp. 124711, 2009. DOI:10.1143/JPSJ.78.124711 (arXiv:0912.2481)
    7. Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, Takehito Yokoyama, and Yukio Tanaka, " Strong parity mixing in the Fulde-Ferrell-Larkin-Ovchinnikov superconductivity in systems with coexisting spin and charge fluctuations ", Physical Review Letters, Vol. 102, No. 1, pp. 016403, 2009. DOI:10.1103/PhysRevLett.102.016403 (arXiv:0811.4213)
    8. Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, and Yukio Tanaka, " Strong magnetic field enhancement of spin triplet pairing arising from coexisting 2kF spin and 2kF charge fluctuations ", Physical Review B, Vol. 77, No. 14, pp. 144513, 2008. DOI:10.1103/PhysRevB.77.144513 (arXiv:0706.2930)

  • プロシーディングス(査読付)
    1. Hirohito Aizawa and Kazuhiko Kuroki, " Superconductivity in an effective model derived from Wannier orbitals for an organic conductor (TMTSF)2ClO4 ", Physics Procedia, Vol. 81, pp. 21, 2016. DOI:10.1016/j.phpro.2016.04.009
    2. H. Aizawa and K. Kuroki, " Study on spin and charge fluctuations in τ-type organic conductor ", physica status solidi (C), Vol. 9, pp. 1196, 2012. DOI:10.1002/pssc.201100706
    3. S. Choi, H. Aizawa, and K. Kuroki, " Theoretical study on the superfluid density of the superconducting MNCl (M=Hf, Zr) ", Journal of Physics and Chemistry of Solids, Vol. 72, pp. 376, 2011. DOI:10.1016/j.jpcs.2010.10.021
    4. Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, and Yukio Tanaka, " Pairing state competition in quasi-one-dimensional organic superconductors (TMTSF)2X in a magnetic field ", Physica C, Vol. 470, pp. S596, 2010. DOI:10.1016/j.physc.2009.11.113
    5. Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, and Yukio Tanaka, " Magnetic Field Effect on the Pairing State Competition in Quasi-One-Dimensional Organic Superconductors (TMTSF)2X ", Physica C, Vol. 470, pp. 1085, 2010. DOI:10.1016/j.physc.2010.05.042
    6. Harukazu Yoshino, Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, George C. Anyfantis, George C. Papavassiliou, and Keizo Murata, " Thermoelectric figure of merit of τ-type conductors of several donors ", Physica B: Condensed Matter, Vol. 405, pp. S79, 2010. DOI:10.1016/j.physb.2009.11.078 (arXiv:1002.3395)
    7. Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, Harukazu Yoshino, and Keizo Murata, " "Pudding mold"-type band as an origin of large thermopower in τ-type organic conductors ", Physica B: Condensed Matter, Vol. 405, pp. S27, 2010. DOI:10.1016/j.physb.2009.11.018 (arXiv:1002.3397)
    8. Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, and Yukio Tanaka, " Magnetic field effect on the pairing competition in quasi-one-dimensional organic superconductors (TMTSF)2X ", Physica B: Condensed Matter, Vol. 405, pp. S250, 2010. DOI:10.1016/j.physb.2009.11.025
    9. Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, Takehito Yokoyama, and Yukio Tanaka, " Large triplet pairing mixing in the FFLO state of spin fluctuation mediated superconductivity in Q1D systems ", Physica C, Vol. 469, pp. 995, 2009. DOI:10.1016/j.physc.2009.05.255
    10. Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, Takehito Yokoyama, and Yukio Tanaka, " Competition between triplet, singlet and FFLO states in organic superconductors (TMTSF)2X under magnetic field ", Journal of Physics: Conference Series, Vol. 150, pp. 052003, 2009. DOI:10.1088/1742-6596/150/5/052003
    11. Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, and Yukio Tanaka, " Study on the competition between density waves, singlet, and triplet pairing superconductivity in organic conductors (TMTSF)2X ", Journal of Physics and Chemistry of Solids, Vol. 69, pp. 3289, 2008. DOI:10.1016/j.jpcs.2008.06.081
    12. Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, Takehito Yokoyama, and Yukio Tanaka, " Competition between triplet, singlet, and FFLO states in organic superconductors (TMTSF)2X under magnetic field ", Journal of Physics: Conference Series, Vol. 132, pp. 012016, 2008. DOI:10.1088/1742-6596/132/1/012016
    13. Hirohito Aizawa, Kazuhiko Kuroki, and Yukio Tanaka, " Study on the competition between density waves, singlet, and triplet pairing superconductivity in an organic conductor (TMTSF)2PF6 ", Physica B: Condensed Matter, Vol. 403, pp. 1162, 2008. DOI:10.1016/j.physb.2007.10.264

  • 国際会議、国際シンポジウムでの発表
    1. H. Aizawa and K. Kuroki, " Superconductivity in Effective Model Derived from Wannier Orbitals for Organic Conductor (TMTSF)2ClO4 ", 28th International Symposium on Superconductivity (ISS2015), PCP-29, 18 November 2015, Tokyo (Japan).
    2. H. Aizawa and K. Kuroki, " An effective model of organic conductor (TMTSF)2ClO4 derived from maximally localized Wannier orbitals and its analysis of the superconducting state ", The 11th International Conference on Materials and Mechanisms of Superconductivity (M2S 2015), Tu-PS02 I002, 25 August 2015, Geneva (Switzerland).
    3. H. Aizawa, K. Kuroki and J. Yamada, " Anion dependence of the band structure of β-(BDA-TTP)2X: Comparison between X=I3 and MF6 (M=Sb, As, etc.) ", International Symposium on Materials Science Opened by Molecular Degrees of Freedom (MDF2012), Oral-14, 2 December 2012, Miyazaki (Japan).
    4. H. Aizawa, K. Kuroki, S. Yasuzuka and J. Yamada, " Model construction and pairing symmetry analysis of β-(BDA-TTP)2MF6 (M=P, As, Sb, Ta) based on first principles band calculation ", 2012 Materials and Mechanisms of Superconductivity Conference (M2S 2012), Poster Session P1-154, 30 July 2012, Washington D.C. (USA).
    5. H. Aizawa, K. Kuroki and J. Yamada, " First principles band calculation and model Hamiltonian of β-(BDA-TTP)2MF6 (M=P, As, Sb, Ta) ", MDF International Mini-Workshop, Oral Session 3, 25 November 2011, Kobe (Japan).
    6. H. Aizawa and K. Kuroki, " Effect of Flat-band on the Magnetism in a Model for τ-type Organic Conductor ", MDF International Mini-Workshop, Poster 3, 25 November 2011, Kobe (Japan).
    7. H. Aizawa and K. Kuroki, " Mean Field Study of the Magnetism in τ-type Organic Conductor ", The 9th International Symposium on Crystalline Organic Metals, Superconductors and Ferromagnets (ISCOM2011), Poster Session P-3, 26 September 2011, Gniezno (Poland).
    8. H. Aizawa, K. Kuroki, S. Ichikawa, and J. Yamada, " Effects of molecular modification from the perspective of ab-initio calculations ", Japan-UK Joint Seminar, No. 10, 9 August 2010, Arima (Japan).
    9. H. Aizawa, K. Kuroki, S. Ichikawa, and J. Yamada, " Effective Model for α-[(S,S)-DMDH-TTP]2AuI2 Based on Ab-initio Calculation ", International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2010 (ICSM2010), 6P-063, 6 July 2010, Kyoto (Japan).
    10. S. Choi, H. Aizawa, and K. Kuroki, " Theoretical Study on the Superfluid Density of the Superconducting MNCl (M=Hf, Zr) ", The 9th International Conference on Spectroscopies in Novel Superconductors (SNS2010), PA-52, 24 May 2010, Shanghai (China).
    11. H. Aizawa, K. Kuroki, and Y. Tanaka, " Magnetic Field Effect on the Pairing State Competition in Quasi-One-Dimensional Organic Superconductors (TMTSF)2X ", 22nd International Symposium on Superconductivity (ISS2009), PCP-33, 4 November 2009, Tsukuba (Japan).
    12. H. Aizawa, K. Kuroki, and Y. Tanaka, " Pairing State Competition in Quasi-One-Dimensional Organic Conductors (TMTSF)2X in Magnetic Field ", 5th International Symposium on Molecular Materials: Electronics, Photonics and Spintronics, Poster Session, 30 October 2009, Rennes (France).
    13. H. Aizawa, K. Kuroki, H. Yoshino, and K. Murata, " Effect of "pudding mold"-type band structure in τ-type organic conductors ", International workshop on "Theories on Strongly Correlated Molecular Conductors" (SCMC), Oral talk No. 12, 18 September 2009, Narita (Japan).
    14. H. Aizawa, K. Kuroki, H. Yoshino, and K. Murata, " "Pudding Mold"-type Band as an Origin of Large Thermopower in τ-type Organic Conductors ", The 8th International Symposium on Crystalline Organic Metals, Superconductors and Ferromagnets (ISCOM2009), Oral Session 9 OS9-5, 15 September 2009, Niseko (Japan).
    15. H. Aizawa, K. Kuroki, and Y. Tanaka, " Magnetic Field Effect on the Pairing State Competition in Quasi-One-Dimensional Organic Superconductors (TMTSF)2X ", The 8th International Symposium on Crystalline Organic Metals, Superconductors and Ferromagnets (ISCOM2009), Poster Session 2 PS2-28, 14 September 2009, Niseko (Japan).
    16. H. Aizawa, K. Kuroki, and Y. Tanaka, " Pairing State Competition in Quasi-one-dimensional Organic Superconductors (TMTSF)2X in a Magnetic Field ", The 9th International Conference on Materials and Mechanisms of Superconductivity (M2S-IX), PS-E-547, 11 September 2009, Tokyo (Japan).
    17. H. Aizawa, K. Kuroki, and Y. Tanaka, " Magnetic Field Effect on the Pairing State Competition in Quasi-One-Dimensional Organic Superconductors (TMTSF)2X ", New Directions of Superconducting Nanostructures (NDSN2009), P1, 4 September 2009, Nagoya (Japan).
    18. H. Aizawa, K. Kuroki, and Y. Tanaka, " Magnetic Field Effect on the Pairing State Competition in Quasi-One-Dimensional Organic Superconductors (TMTSF)2X ", New Developments in Theory of Superconductivity (NDTS09), PS13, 9 July 2009, Kashiwa (Japan).
    19. H. Aizawa, K. Kuroki, T. Yokoyama, and Y. Tanaka, " Large triplet pairing mixing in the FFLO state of spin fluctuation mediated superconductivity in q1D systems ", The International Symposium on Anomalous Quantum Materials (ISAQM2008), PSB-13, 9 November 2008, Tokyo (Japan).
    20. H. Aizawa, K. Kuroki, T. Yokoyama, and Y. Tanaka, " Large triplet pairing mixing in the FFLO state of spin fluctuation mediated superconductivity in Q1D systems ", 21st International Symposium on Superconductivity (ISS2008), PCP-36, 28 October 2008, Tsukuba (Japan).
    21. H. Aizawa, K. Kuroki, T. Yokoyama, and Y. Tanaka, " Competition between triplet, singlet and FFLO states in organic superconductors (TMTSF)2X under magnetic field ", 25th international conference on Low Temperature Physics (LT25), PB-Fr112, 8 August 2008, Amsterdam (Netherlands).
    22. H. Aizawa, K. Kuroki, T. Yokoyama, and Y. Tanaka, " Competition between triplet, singlet, and FFLO states in organic superconductors (TMTSF)2X under magnetic field ", International Symposium on Molecular Conductors (ISMC2008), Poster Session 49, 23 July 2008, Okazaki (Japan).
    23. H. Aizawa, K. Kuroki, and Y. Tanaka, " Study on the competition between density waves, singlet, and triplet pairing superconductivity in organic conductors (TMTSF)2X ", The 8th International Conference on Spectroscopies in Novel Superconductors (SNS2007), PA-38, 20 August 2007, Sendai (Japan).
    24. H. Aizawa, K. Kuroki, and Y. Tanaka, " Study on the competition between density waves, singlet, and triplet pairing superconductivity in an organic conductor (TMTSF)2PF6 ", The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems (SCES2007), Poster Session II-71, 15 May 2007, Houston (USA).
    25. H. Aizawa, K. Kuroki, and Y. Tanaka, " The effect of interchain interaction and magnetic anisotropy on the pairing symmetry competition in an organic superconductor (TMTSF)2PF6 ", The International Symposium on Anomalous Quantum Materials (ISAQM2006), 24PS-46, 24 June 2006, Okinawa (Japan).

  • 国内学会、研究会での発表
    1. 相澤啓仁, " ハニカム格子ハバード模型におけるキャリアドープが磁性と超伝導に与える影響 ", 第10回 物性科学領域横断研究会 -凝縮系科学の最前線- , P66, 2016年12月9日, 神戸大学.
    2. 相澤啓仁, " ハニカム格子ハバード模型におけるキャリアドープが引き起こす磁性と超伝導の二体自己無撞着法による解析 ", 京都大学基礎物理学研究所研究会「超伝導研究の最先端: 多自由度、非平衡、電子相関、トポロジー」 , 午前6番目, 2016年10月11日, 京都大学.
    3. 相澤啓仁, 黒木和彦, " 有機導体(TMTSF)2ClO4の超伝導ギャップに対するアニオン秩序化ポテンシャルの影響 ", 日本物理学会 2016年秋季大会, 15pAG-11 , 2016年9月15日, 金沢大学.
    4. 相澤啓仁, 黒木和彦, " 擬一次元有機導体(TMTSF)2ClO4における超伝導ギャップとアニオン秩序化ポテンシャルの関係 ", 平成28年度物性研究所短期研究会「パイ電子系物性科学の最前線」 , P40, 2016年8月9日, 東京大学物性研究所.
    5. 相澤啓仁, " キャリアドープされたハニカム格子ハバード模型における磁性と超伝導の二体自己無撞着法による解析 ", 日本物理学会 第71回年次大会, 21aPS-14 , 2016年3月21日, 東北学院大学.
    6. 多米田裕一郎, 相澤啓仁, 守屋元道, " 基礎物理学実験におけるマイコンを用いた実験装置の開発~重力加速度測定~ ", 日本物理学会 第71回年次大会, 21pAS-5 , 2016年3月21日, 東北学院大学.
    7. 相澤啓仁, " ハニカム格子ハバード模型における超伝導異方性の二体自己無撞着法による解析 ", 日本物理学会 2015年秋季大会, 19pCL-2 , 2015年9月19日, 関西大学.
    8. 相澤啓仁, 黒木和彦, 山田順一, " 有機導体β-(BDA-TTP)2X(X=I3, SbF6)における ダイマー化と電子相関の関係 ", 日本物理学会 2015年秋季大会, 17pAF-9 , 2015年9月17日, 関西大学.
    9. 相澤啓仁, 黒木和彦, " 擬一次元有機導体の超伝導対称性とアニオン・ポテンシャルの関係 ", 京都大学基礎物理学研究所研究会「多自由度と相関効果が生み出す超伝導の新潮流 ~BCSからBECまで~」 , P01, 2015年6月9日, 京都大学.
    10. 相澤啓仁, 黒木和彦, " 有機導体(TMTSF)2ClO4の最局在ワニエ軌道による有効模型導出と超伝導状態の解析 ", 日本物理学会 第70回年次大会, 21aAS-4 , 2015年3月21日, 早稲田大学.
    11. 相澤啓仁, 黒木和彦, " 有機導体(TMTSF)2ClO4の最局在ワニエ軌道に基づく有効模型を用いた超伝導対称性の解析 ", 日本物理学会 2014年秋季大会, 9aBG-12 , 2014年9月9日, 中部大学.
    12. 田中寛之, 鈴木雄大, 臼井秀知, 相澤啓仁, 黒木和彦, " β″-(DODHT)2XF6(X=P, As)の第一原理バンド計算と有効模型構築 ", 日本物理学会 2013年秋季大会, 25pDJ-15 , 2013年9月25日, 徳島大学.
    13. 相澤啓仁, 黒木和彦, 山田順一, " 有機超伝導体β-(BDA-TTP)2Xのバンド計算のアニオン依存性とその起源 ", 日本物理学会 2013年 第68回年次大会, 26aXN-9 , 2013年3月26日, 広島大学. (座長: 26aXN 午前前半セッション)
    14. 相澤啓仁, 黒木和彦, 山田順一, " β-(BDA-TTP)2MF6における第一原理バンド計算に基づく有効模型を用いた 超伝導対称性の解析 ", 日本物理学会 2012年 第67回年次大会, 26pBK-14 , 2012年3月26日, 関西学院大学.
    15. 相澤啓仁, 黒木和彦, 山田順一, " β-(BDA-TTP)2MF6 (M=P, As, Sb, Ta)の有効模型とその理論解析 ", 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」 第6回領域会議, 口頭発表 7日11:40-12:00, 2012年1月7日, ホテル岩沼屋 コンベンションホール白鳳(仙台).
    16. 相澤啓仁, 黒木和彦, " τ型有機導体の磁性に関する平均場計算 ", 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」 第6回領域会議, ポスターセッション PS30, 2012年1月6日, ホテル岩沼屋 コンベンションホール白鳳(仙台).
    17. 相澤啓仁, 黒木和彦, 山田順一, " β-(BDA-TTP)2MF6 (M=P, As, Sb, Ta)の第一原理バンド計算と有効模型 ", 日本物理学会 2011年秋季大会, 21aTQ-6 , 2011年9月21日, 富山大学.
    18. 相澤啓仁, 黒木和彦, 山田順一, " β-(BDA-TTP)2MF6 (M=P, As, Sb, Ta)の第一原理バンド計算と有効模型 ", 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」 第5回領域会議, ポスターセッション PS24, 2011年6月8日, 東京大学.
    19. 相澤啓仁, 黒木和彦, " τ型有機導体における磁性の平均場計算 ", 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」 第5回領域会議, ポスターセッション PS26, 2011年6月8日, 東京大学.
    20. 久世哲嗣, 横川敬一, 吉野治一, 市川俊, 山田順一, 相澤啓仁, 黒木和彦, 村田恵三, " 一軸ひずみ下でのα-[(S, S)-DMDH-TTP]2AuI2の温度依存性のない電気抵抗2 ", 日本物理学会 第66回年次大会, 25pTA-9 , 2011年3月25日, 新潟大学 (東日本大震災のために中止).
    21. 相澤啓仁, 黒木和彦, 市川俊, 山田順一, " 分子性結晶の第一原理バンド計算に基づく有効模型とその解析 ", 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」 第4回領域会議, ポスターセッション PS25, 2011年1月6日, 東京大学.
    22. 崔淳皓, 相澤啓仁, 黒木和彦, " 層状窒化物超伝導MNCl(M=Hf,Zr)におけるd+id'波ペアリング機構の超流動密度の解析 ", 日本物理学会 2010年秋季大会, 23aPS-10 , 2010年9月23日, 大阪府立大学.
    23. 相澤啓仁, 黒木和彦, " τ型有機導体の磁性におけるバンドギャップと電子間相互作用の効果 ", 日本物理学会 2010年秋季大会, 23pRB-15 , 2010年9月23日, 大阪府立大学.
    24. 相澤啓仁, 黒木和彦, 市川俊, 山田順一, " α-[(S, S)-DMDH-TTP]2AuI2の第一原理バンド計算に基づく有効模型の構築 ", 日本物理学会 第65回年次大会, 21pGT-12 , 2010年3月21日, 岡山大学.
    25. 相澤啓仁, " 擬一次元有機導体における磁場下の超伝導対称性の競合 ", 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」 第3回領域会議, ポスターセッション PS17, 2010年1月6日, 岩沼屋 コンベンションホール白鳳(仙台).
    26. 相澤啓仁, " 第一原理バンド計算に基づく有機導体の有効模型の構築 ", 有機固体若手の会 冬の学校 2009 (世話人), 2日目後半セッション 口頭発表 3番目, 2009年12月19日, 道後グランドホテル.
    27. 相澤啓仁, 黒木和彦, 吉野治一, 村田惠三, " τ型導体における大きな熱起電力のプリン型バンドによる解釈 ", 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」 第2回領域会議, ポスターセッション PS3, 2009年10月6日, 東京大学.
    28. 相澤啓仁, 黒木和彦, 田仲由喜夫, " 擬一次元有機導体(TMTSF)2Xにおける磁場下超伝導状態の競合 ", 日本物理学会 2009年秋季大会, 27pYC-8 , 2009年9月27日, 熊本大学.
    29. 吉野治一, 石田啓一, 相澤啓仁, 黒木和彦, Anyfantis G. C., Papavassiliou G. C., 村田 惠三, " τ型有機導体の熱電性能指数Z II ", 日本物理学会 2009年秋季大会, 26aYC-9 , 2009年9月26日, 熊本大学.
    30. 相澤啓仁, 黒木和彦, 吉野治一, 村田惠三, " τ型有機導体における高い熱電能のプリン型バンドによる解釈 ", 日本物理学会 2009年秋季大会, 26aYC-10 , 2009年9月26日, 熊本大学.
    31. 相澤啓仁, 黒木和彦, 田仲由喜夫, " 擬一次元有機導体(TMTSF)2Xにおける磁場下超伝導状態の競合 ", 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」物質開発+理論の5ab合同班会議, 午前7番目(口頭), 2009年6月10日, KKRホテル熱海.
    32. 相澤啓仁, 黒木和彦, 吉野治一, 村田惠三, " 特異なバンド構造による高いゼーベック効果: τ型有機導体におけるプリン型バンド ", 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」物質開発+理論の5ab合同班会議, 午前6番目(口頭), 2009年6月10日, KKRホテル熱海.
    33. 相澤啓仁, 黒木和彦, 横山毅人, 田仲由喜夫, " スピン揺らぎ媒介超伝導のFFLO状態におけるトリプレット対成分混合の効果 ", 日本物理学会 2008年秋季大会, 22aQE-13 , 2008年9月22日, 岩手大学.
    34. 相澤啓仁, 黒木和彦, 田仲由喜夫, " 2kFスピン+2kF電荷ゆらぎによるスピン三重項超伝導の強い磁場効果 ", 日本物理学会 第62回年次大会, 24aWF-9 , 2007年9月24日, 北海道大学.
    35. 相澤啓仁, 黒木和彦, 田仲由喜夫, " 擬一次元有機導体におけるスピン一重項・三重項超伝導転移の微視的理論 ", 特定領域「新しい環境下における分子性導体の特異な機能の探索」第7回シンポジウム, ポスター番号 46, 2007年7月20日, 東京大学.
    36. 相澤啓仁, 黒木和彦, 田仲由喜夫, " 有機導体(TMTSF)2Xのシングレット・トリプレット・ペアリング競合における磁場の効果 ", 日本物理学会 2007年春季大会, 19pRJ-14 , 2007年3月19日, 鹿児島大学.
    37. 相澤啓仁, 黒木和彦, 田仲由喜夫, " 有機導体(TMTSF)2Xの密度波・超伝導相図におけるダイマー化の効果 ", 日本物理学会 2006年秋季大会, 23pYF-16 , 2006年9月23日, 千葉大学.
    38. 相澤啓仁, 黒木和彦, 田仲由喜夫, " 有機導体(TMTSF)2Xの超伝導相図における鎖間相互作用と磁気異方性の効果 ", 日本物理学会 第61回年次大会, 27aPS-102 , 2006年3月27日, 愛媛大学・松山大学.

  • セミナーなどの発表
    1. 相澤啓仁, " 有機導体におけるバンド構造と超伝導ギャップの異方性-Band structure and anisotropy of the superconducting gap in organic conductors- ", 理化学研究所 仁科加速器研究センター 岩崎先端中間子研究室 (渡邊氏招待) セミナー, 2016年11月8日.
    2. 相澤啓仁, " 有機導体のバンド構造と物性解析-第一原理計算による有効模型導出とそれを用いた熱電・超伝導の解析- ", 大阪大学 理学部 物理学科 物性理論 (黒木グループ) セミナー, 2014年11月7日.
    3. 相澤啓仁, " 擬一次元有機導体における超伝導対称性に関する理論的研究-ゼーマン効果- ", 名古屋大学 工学部 マテリアル理工学科 応用物理学分野 量子物理工学講座 物性基礎工学研究グループ セミナー, 2007年12月4日.

  • 研究助成金など
    1. 相澤啓仁(代表), 独立行政法人 日本学術振興会 平成28年度 科学研究費助成事業-科研費- 若手研究(B), " キャリアドープされたハニカム格子ハバード模型の磁性と新奇超伝導 ",
      2016年4月-2019年3月.
    2. 相澤啓仁(代表), 特殊法人 日本私立学校振興・共済事業団 平成28年度 学術研究振興資金(若手研究者奨励金), " 低次元有機導体の超伝導状態とバンド構造の関係 -第一原理計算による有効模型を用いた解析- ",
      2016年4月-2017年3月.
    3. 相澤啓仁(代表), 公益財団法人 日本科学協会 平成28年度 笹川科学研究助成, " 擬一次元有機導体に対する有効模型の導出と超伝導の解析 ",
      2016年4月-2017年2月.
    4. 相澤啓仁(代表), 公益財団法人 横浜学術教育振興財団 平成27年度 海外渡航費助成, " An effective model of organic conductor (TMTSF)2ClO4 derived from maximally localized Wannier orbitals and its analysis of the superconducting state (有機導体 (TMTSF)2ClO4の最局在ワニエ軌道による有効模型の導出と超伝導状態の解析) ", ジュネーブ(スイス)で開かれるThe 11th International Conference on Materials and Mechanisms of Superconductivity (M2S 2015)の渡航費
      2015年4月-2016年3月.
    5. 相澤啓仁(代表), 神奈川大学 平成26年度 科学研究費申請奨励研究費,
      2014年6月-2015年3月.
    6. 相澤啓仁(代表), 公益財団法人 横浜学術教育振興財団 平成26年度 研究助成, " 第一原理バンド計算を用いた有機超伝導体の有効模型構築と物性解析 ",
      2014年4月-2015年3月.
    7. 松田和之(代表), 相澤啓仁(分担), 神奈川大学 平成24年度 工学研究所 共同研究助成, " カーボンナノチューブ内部ナノ空洞を利用した極微小誘電体の創生とその物性解明 ",
      2012年4月-2014年3月.
    8. 森初果(代表), 山田順一(分担), 西川浩之(分担), 黒木和彦(分担), 高橋一志(分担), 上田顕(連携), 磯野貴之(連携), 圷広樹(連携), 相澤啓仁(連携), 文部科学省科研費 新学術領域研究「分子自由度が拓く新物質科学」(領域代表 鹿野田一司), " 新しい電子機能を目指した分子間相互作用の制御 ",
      2008年11月-2013年3月.

  • 報告書など
    1. 相澤啓仁(代表), " The 11th International Conference on Materials and Mechanisms of Superconductivity (M2S 2015) (第11回 超伝導の物質と発現機構に関する国際会議)での成果発表 ", 平成27年度 助成研究等報告書 (公益財団法人横浜学術教育振興財団), 2016年8月.
    2. 相澤啓仁(代表), " 第一原理バンド計算を用いた有機超伝導体の有効模型構築と物性解析 ", 平成26年度 助成研究等報告書 (公益財団法人横浜学術教育振興財団), 2015年8月.
    3. Hirohito Aizawa(代表), " Electronic State on τ-type Organic Conductor ", ACTIVITY REPORT 2010 (INSTITUTE FOR SOLID STATE PHYSICS, UNIVERSITY OF TOKYO), 2011年7月.

  • その他の活動
    1. 座長, " 日本物理学会 2013年 第68回年次大会, 26aXN 午前前半セッション ", 2013年3月26日, 広島大学.
    2. 世話人, " 有機固体若手の会 冬の学校 2010 ", 2010年12月10-11日, 長野県 諏訪市 すわ湖苑.
    3. 世話人, " 有機固体若手の会 冬の学校 2009 ", 2009年12月18-19日, 愛媛県 松山市 道後グランドホテル.

Menu